トップ

なぜ赤ら顔になるのか?

顔が赤くなる「赤ら顔」にはいくつかの原因があります。人前に出て緊張するなどの精神的要因、暑さや飲酒などの外的要因、そして敏感肌であることも原因の一つです。ここでは敏感肌でどうして赤ら顔になってしまうのか、その理由について解説していきます。赤ら顔などの敏感肌に効く化粧品をお探しならこちら。

まずは敏感肌の特徴として、皮膚が薄くなっていることが挙げられます。皮膚が薄ければ、その下を通る血管の赤い色が透けて見えやすくなります。外からの刺激にも弱くなり、炎症を起こして赤くなることもあります。

とくに寒い冬の時期には、顔の赤みやほてりが表れやすくなります。これは、毛細血管が気温差により収縮・拡張するためです。寒い時には血管が収縮して、体中に多くの血液を流して体温を上げようとします。しかし、エアコンの効いた室内へ移動すると縮んでいた血管は元に戻り、一気に血流が増します。顔には毛細血管がたくさんあるため、薄い皮膚ではそこを流れる血液の色が透けて見えるという訳です。

また、敏感肌では肌の機能も低下しています。細胞に蓄えられている水分を肌の表面まで持ってくることが出来ず、水分を保持する皮膚の厚さも不足しています。そのため、血流増加によって皮膚の温度が上昇しても、水分によって温度を下げることが出来ないのです。これが顔のほてりとなって表れます。沈静させるには、お肌を健康な状態に保つしかありません。

そのためには、これまで行ってきたスキンケアや生活習慣を振り返ってみることが必要となります。肌を刺激するような洗顔料や化粧品を使っていないか、バランスの取れた食事を摂っているか、不規則な生活になっていないかなど、基本的なことをチェックしてみましょう。

Copyright © 敏感肌で赤ら顔になる理由. All rights reserved.